子育てに必要な心構え

キレやすさの原因

どうしてもキレやすくなっている子供を育てていく中で、しっかりとポイントを把握することが重要となります。するとある時から、子供が全くキレなくなることもありますので、継続して実践することが重要となります。まずキレる時には腹を立てて、軽いとすねてしまうと傾向にあります。

しかし状況によっては人に怪我を負わせることもあるので、重大な事件にならないようにリラックスさせることが重要です。これは攻撃的な衝動を引き起こす、脳内にあるセロトニン神経によるもので、子供が発達している時に過剰に分泌することがあります。脳がまだ発達している段階の中で、セロトニン神経によってキレてしまいます。この神経は非常に繊細で、ストレスなどで弱まってしまうことでキレやすくなります。ストレスを軽減させる減らすことで、子供がリラックスさせていくこともできます。子育ての中で苛立っている時が多くなると、危険なサインと言えるでしょう。

ある程度キレやすい状態を改善できた時、心の負担を軽くしていけるように親の行動や態度を見直していくようにしましょう。一概に子供にだけ責任があるというわけではありません。子育てで間違えていないか、チェックする良い時期といえるでしょう。